梨の木スプーン

松茂町の梨の木を使用した手作り木製スプーン!スプーンのタイプは2種類(カレースプーン、ベビースプーン)。カレーや離乳食用におすすめです。

松茂町の特産物として梨がございます。一大産地と称されるだけあって、豊水,幸水と美味しい梨が実ります。
この果実を生み出す木の生命力と可能性は計り知れません。
そこで(一財)徳島県環境整備公社の協力を得て、夏匙工房が、梨の木枝を一本一本彫り上げ、丹精込めて創り出したるは、スプーン・・・「木の温もり」をほんのり感じられるスプーンでございます!
匠の技で、掬う時の抵抗感がなく、手によく馴染む為、一度使うと、もう手放せなくなるかも?
梨の木スプーンで食べる金曜日の金時カレーは格別です。この相性も計り知れません!

ちなみに松茂町では現在、町内に住所を有する親御さんのもとにやって来た赤ちゃんを対象として、離乳食用にオススメできる『梨の木ベビースプーン』をプレゼントしております。

カレースプーン

カレーが食べやすいように職人さんが1本1本手作りしてあり、すくうときの抵抗を感じずにご使用いただける木製スプーンです。

手に持ったときの温かさ、舌触りの良さは、一度使うと、もう離せない存在になります。

ベビースプーン 2本セット・3本セット

離乳食用におすすめのスプーンです。赤ちゃんの口に優しく運びやすいようにスプーンの皿部分の幅を小さく作っているので、無理なく安心して離乳食に使用できます。

ふるさと松茂町ならではの「梨の木ベビースプーン」で、小さい頃から木の温もりに触れて、優しい心を育んでいただきたいと思います。

梨の木スプーンが出来るまで

松茂町梨園上空

松茂町は、徳島県の北東部、徳島市と鳴門市の間に位置し、徳島空港を擁する空の玄関口です。
農業や水産業も昔から盛んで、幸水や豊水をはじめとするおいしい梨の一大産地でもあります。

剪定作業

そんな、甘くて美味しい梨を育てるために栽培農家では、春の交配作業から摘果、収穫を終えた後も木の剪定作業など一年を通した作業を繰り返し、丹精込めて大切に育てられています。

梨の木スプーンは、本来捨ててしまうはずの剪定枝などを利用しているもので、木製スプーン作りを行う職人さんの協力のもと作られるようになりました。

製材作業・基礎づくり

スプーンのサイズや用途に合わせ、まずは横からのラインで形どりをします。
ベビースプーン用、大きなカレースプーン用、フォーク用など、おもての面を種類別の型紙に合わせてカットし、基礎の形をつくります。

小刀で削る・サンドペーパー掛け

完成をイメージしながら、どんなサイズも小刀一本で削り、彫刻刀でスプーンの皿部分を彫ります。
スプーンの形に整えられたでしょうか。

次は、小刀で成形されたスプーンを一本一本手に取って、丁寧にサンドペーパー掛けを行います。
職人さんの目視によって一本一本形成するために、微妙に形やサイズが異なり、同じものはないのが手作りです。

仕上げ処理・完成

仕上げは、木の硬性を高めての防水処理を行います。
食品衛生法をクリアーした特殊な溶液を浸透させ、木固めを行ったあと、目止め・上塗り、さらにマット仕上げの行程で自然の表情を損なわないよう仕上げています。

出生時の赤ちゃん用スプーン

松茂町では、赤ちゃんの出生時の記念品として町からベビースプーンを贈っています。
全国的にも、数少ない取り組みで、赤ちゃんのお母さんからも、喜ばれています。
小さいころから木の温もりに触れて、優しい心を育んでいただきたいと思います。

そんな、あたたかい表情のある、
松茂町はあなたのふるさとです。

取扱店は?


また、毎月第2日曜日に開催される「まつしげまるしぇ」でも販売予定ですので、詳しくは『まるしぇ実行委員会(松茂町役場チャレンジ課内)』へお問い合わせ下さい。

お問い合わせ


松茂町役場 チャレンジ課
088-699-8711
メールでのお問い合わせはこちら >>

PAGE TOP

エンタメ情報

松茂町給食センター☆人気レシピ『大豆とちりめんの揚げ煮』公開

まつしげニュース

松茂町にひまわり畑が誕生しました!

まつしげニュース

加賀 晃次さん「藍綬褒章」受章インタビュー

エンタメ情報

「おうちde体操!カラダを動かそう!」動画 Part3を公開しました。

まつしげニュース

松茂町役場 立体駐車場が完成しました!

エンタメ情報

「おうちde体操!カラダを動かそう!」動画 Part2を公開しました。

エンタメ情報

「おうちde体操!カラダを動かそう!」動画を公開しました。

イベント情報

まつしげまるしぇ、始まります。